楽しく、健康にダイエット! 痩せてても健康じゃなきゃ意味がない★ 世界のダイエットニュースも満載。 レッツエンジョイダイエット!

                縄跳びブタ                                 ジョギングブタ
                                     
                               Let's enjoy diet
 
                          ジョギングおばさん


 

  ホーム

  ペットダイエット
  ダイエットNEWS
  世界中でダイエット
  世界中でダイエット2

 

 



あなたのペットは大丈夫?

犬1  犬2  犬3

 

 犬のダイエットの研究が最も進んでいるアメリカで、14年にわたる実験の結果で肥満の犬は病気にかかりやすく、長生きできないというデータがあります。あなたのペットは大丈夫ですか?

最近ではペットの肥満が増えたのと比例しダイエットも流行なのだとか。確かに食べ物をあげすぎて太りすぎのペットとかもいますし。犬の場合は自分で餌を探して食べる訳ではではないので、ペットの健康管理は飼い主次第と言えますよね。 ペットは自ら体重管理はできません。

室内で飼うペット、ほったらかしでなかなか散歩に連れて行ってあげられない場合などで、太り気味になっているペットは多くなってきているようです。ペットのダイエットをしてあげるのは飼い主さん、あなたなのです。

[PR]

つねに正確な体重を把握しておくことは、愛犬の健康管理の第一歩。
「太り気味かしら」と気がかりな飼い主さんも、今のところは「標準でしょ」と油断しがちな飼い主さんも、ぜひ習慣にしてほしいのが、定期的な体重測定です。

2週間に1度は体重を測定する習慣をつけましょう。食事の前後やウンチの前後では体重が異なります。測るときは、「ウンチの後」や「夕方のお散歩から帰ってきて水を飲む前」など、毎回、同じ条件のもとで測定してください。愛犬のからだを触って、脂肪のつき具合いをチェックし肥満度を知るのも飼い主さんとして知っておきたいテクニック。

ドッグフードのパッケージに記載されている「総合栄養食」という言葉は、ペットフード公正取引協議会の定めた栄養基準を満たしている、という証拠。本来、新鮮な水と「総合栄養食」を与えているだけで、愛犬の健康維持に必要な栄養素は過不足なく摂取できるはずなのです。でも、もし、間違った量を与えていたら??

気になるフードの給与量、愛犬に必要なエネルギー量について、知っておきましょう。

ドッグフードは、標準的な成犬のエネルギー要求量に基づいて作られているので、食事管理には最適。商品パッケージに表示されている「給与量の目安」を見れば、1日の食事量が把握できるのも手軽です。

ドッグフードにはドライ、ウェット、半生と3種類がありますが、同じドライタイプでも、商品やメーカー・ブランドなどライフステージによって、「代謝エネルギー(例360kcal/100g)」や「かさ」が異なっているのでご注意。袋をよく読み、ライフステージや体格、生活習慣に応じたフードを選んであげましょう。また、フードを目分量で与えるのはご法度です。毎回、キッチンスケールや計量カップを使う習慣をつけましょう。おやつやトッピングを与える場合は、その分、フードを減らすなどの工夫も必要です。

 

TOP

 


肥満に関連する病気

心臓・呼吸器系・糖尿病・足、腰の無理による関節炎・椎間板ヘルニア・皮膚病など、大型犬や足の短い胴長犬は特に注意が必要です。歳を取る毎に腰への負担が大きくなり歩けなくなってしまう場合もあります。

肥満になる原因

大きく分けて2つです
1つは運動不足、犬種にあった運動量の散歩をさせてない、散歩は排泄目的だけになっていませんか?また、室内犬は散歩不足になりがちです、ツメの伸びが早いなどと思っている犬は要注意!散歩不足によりツメが減らないで伸びてしまうのです。

もう1つはただ単に食べ過ぎ、与え過ぎ、近頃は室内でワンちゃんを飼うことが多くなっていつも一緒にいる環境。そうなると人間が食べているものをワンちゃんが欲しがったり、飼い主もついつい与えてしまうということが多くなります。つまり間食が多いことが原因、人間と一緒です、あと犬は与えれば与えただけ食べてしまう生き物なのでまだ欲しがるからといって与えてしまうのはNGです。

予防と減量方法

まずは定期的に体重を測ることをお薦めします、日ごろから体重を気にする習慣をつけることです。1kg、2kgの違いは人間にとってはさほどのことでもないですが、体重が10kgのワンちゃんだったら10%、20%と大きな違いなんです。

次に運動、運動量は犬種、年齢によっても違いますが、散歩から帰ってきて、ぐた〜となるくらいが目安 。そして適正量の食事です、これが中々難しい、まずは間食をさせない、これから始めましょう。そして標準体重時のエサの量にすることが重要。今の体重の適正量ではないですよ。間違えないようにしてください、またワンちゃんも歳を取ると消費カロリーは減ってきますのでその分を少なくしてあげることも大事なことです。

でも・・・ エサの量を減らすのはかわいそうと思いますよね、ワンちゃんにしても今までの量が食べられないと不満です。ワンちゃんの1日の2大イベントは散歩と食事なのでその1つの楽しみを減らしてしまうのはかわいそうですよね。
そこでこのダイエット補助食の紹介です。

 

TOP

◆ グッドペット ダイエット ◆

余分な脂質・糖質をセーブするベータ-サイクロデキストリンや桑の葉エキスを配合しました。犬の好きなチキンフレーバーのチュアブルタイプですので、そのまま食べさせることが出来ます。肥満は健康トラブルのもと。適度な運動と組み合わせて愛犬に健康な毎日を。

 

◆ いぬのサプリ シャンピニオン&海の食物繊維 ◆




サプリ シャンピニオン&海の食物繊維は、マッシュルーム由来のシャンピニオンエキス緑茶エキスを配合した犬用サプリメントです。愛犬のニオイを体の中から応援。さらに、海藻から生まれた食物繊維ソルギニン、オリゴ糖などもプラス。サプリが苦手なワンちゃんのためにいりごだしでおいしく仕上げました。

 

◆ サイエンスダイエット 肥満傾向の成猫用 ◆


 原材料:チキン、米、コーングルテンミール、トウモロコシ、セルロース、チキンエキス、植物性油脂、動物性油脂、ステアリン酸グリセリン、メチオニン、タウリン、ミックストコフェロール、クエン酸、ローズマリー抽出物、ミネラル類(ナトリウム、カリウム、クロライド、カルシウム、イオウ、鉄、銅、亜鉛、ヨウ素、マンガン、セレン)、ビタミン類(A、B1、B2、B6、B12、C、D3、E、ベータカロテン、ナイアシン、パントテン酸、葉酸、ビオチン、コリン、カルニチン)

カロリーは 100g = 321kcal


 

◆ 無添加 とり・けずり ふわふわ花 ◆







原材料:鶏胸肉
成分:粗たん白質 69.0%以上、粗脂肪 2.5%以上、粗繊維 0.5%以下、粗灰分 2.5%以下、水分 23.0%以下
エネルギー:300kcal/100g 内容量:20g 機能:【一般食】


・ 低脂肪の鶏胸肉を特殊製法で薄花状に丹念に削りました

・ 旨み・風味が際立つライトな食感

・ ダイエット中にも安心です

・ 不活性ガス充てんパックで風味・食感を維持しています

セシール(cecile)のダイエット食品

Favorite

最終更新日:2015/4/8

TOP


Copyright エンジョイダイエット All Rights Reserved