楽しく、健康にダイエット! 痩せてても健康じゃなきゃ意味がない★ 世界のダイエットニュースも満載。 レッツエンジョイダイエット!

                縄跳びブタ                                 ジョギングブタ
                                     
                               Let's enjoy diet
 
                          ジョギングおばさん


 

  ホーム

  ペットダイエット
  ダイエットNEWS
  世界中でダイエット
  世界中でダイエット2

 

世界のダイエット
  ブラジル

  マレーシア

  スペイン
  カナダ
  アメリカ

 

 



世界中でダイエット旋風!


 
 

 ブラジルのダイエット

ブラジルといえば、サンバを思い浮かべる人も多いでしょう。カーニバルの激しい動きはラテンそのものですね。決して華奢なボディが評価されないのもラテン系の特徴。女性はどちらかといえばグラマラス、男性はがっしり逞しい体型が好まれる。いずれにしてもメリハリのあるボディというのが美の条件というのは世界共通かもしれない。そんなブラジルでは、動いて痩せるなら、やはりサンバがベスト!

このサンバのリズムはインナーマッスルを鍛える効果が高いため、下腹のぽっこりを改善できる。日本人でも、パーツは細いのに、なぜか下腹はサイズダウンできないという人には是非試してみて頂きたい。ダイエットフードは、果物の栄養価を生かしたようなナチュラルなものに人気が集まっている。ブラジルにいると、痩せているだけでは決して魅力的とは言えないということを、教えられる気がする。 食生活もボディーも全てメリハリが大事!

TOP

 
 

 

 
 

 マレーシアのダイエット

マレーシアは世界有数の多民族国家。当然食事もさまざまで、中華やマレー料理以外にもイタリアンや日本食などチョイスは自由自在。とはいえちょっと気になるのは料理が全般的にやや脂っこいことです。実際ちょっと太めの人も目立ちますが、マレーシアでも日本と同様、サプリメントや食事制限によるダイエットが主流なのです。とくに最近はサプリメントの種類も増えており、マレーシア人のダイエットへの関心の高さが伺えます。ここ数年の間に欧米のファーストフード店などが一気に増えたため、若い人達の肥満問題は年々深刻になってきているらしい。

逆にサプリメントなどは、特別な米の成分を原料にしたものをはじめ、ナチュラルでデトックス効果の高いものに人気がある。老廃物の代謝を高めるというエステサロンでのマッサージはアジアの中でもハイレベルだそうな。世界的に自然志向が高まる今日この頃、広大な緑に囲まれたマレーシアから新たなダイエット法が生み出される日も近いだろう。

TOP

 
 


 
 

 スペインのダイエット

スペインといえば、若い人はスリムでフラメンコに代表されるような男も女もセクシーなイメージですが、30代後半くらいから極端に立派で大きな体格になってしまう人が多い。昔の面影はどこへやらぁ〜?そもそも食事の量が多いし、飲むのが大好きなスペイン人ゆえ、代謝が落ちた途端に太り始めるのは自然なこととも言えるのですが、体型を戻すために地中海式ダイエットに励む人も多いそうだ。その内容とはオリーブオイル、穀物、豆、魚介類を多く食べ、肉は赤身、卵の摂取は週に4回以下・・・といったもの。しかし、スリムアップのためというよりも最近では健康のために習慣づける人が増えてきているらしい。特に心臓病の予防には効果的とか。太ると心臓に負担がかかるので、心臓を健康に保ちながら体重を落とすというこの方法は理に叶っている気がしますね。

日本でもかつて地中海式ダイエットがブームになったが、今度は健康法として注目されるかもしれない。さらに、ボディラインを美しく保つために女性の間では伝統的なフラメンコが見直され人気を呼んでいる。スペイン美人の秘密はどうやら伝統を守ることにあるようだ。どうか、その美をいつまでも保っていてほしいものだ。

TOP

 
 

 

 
 

 カナダのダイエット

カナダでは、ローカーブ(Low carb・低炭水化物)ダイエット一色だった一昨年とは打って変わって、よりナチュラルなもの注目があつまるようになってきた。ローカーブダイエットが流行っていた一昨年は、右を見ても左を見ても、低炭水化物食に走る人ばかりで、ついにはパンなしのハンバーガーまで登場。スーパーでもパスタからチョコレートまでローカーブ食品なら何でも揃うといった具合でしたが・・・。

変わって台頭してきたのが、オキシジェン・ドロップスなどを利用した、ナチュラルダイエット。オキシジェン・ドロップスは最近日本でも紹介されて話題になっているが、体内の酵素濃度を上げることで自然治癒力を高め、代謝を活発にしたりする効果があるらしい。現在、ブーム的なダイエット法はないが、今後は普通の生活に何かをプラスするような自然にも優しいはダイエット法がもてはやされと予想している。

TOP

 
 


 
 

 アメリカのダイエット

アメリカでは成人の60%以上が肥満といわれています。年間30万人以上が肥満に起因する疾患で死亡しているというから事態は深刻です。また、肥満によって仕事の生産性も低下しているため経済的にもマイナスの影響を及ぼしている。ここまで来れば政府や地域社会までもが肥満問題に取り組まざるを得ず、ヘルシーな食生活を奨励したりしている。私の住むLAでも、ちょっと郊外に行けばやせている人を見つけるのが難しいほど。子供も15%以上が肥満というから食生活を根本的に見直さない限り、この国の肥満問題は解消できそうにありません。

ダイエット法としては「サウスビーチダイエット」がまだまだ人気。これは炭水化物や脂肪をむやみに減らすのではなく、白米ではなく玄米、牛肉ではなく鶏肉というように、よい炭水化物、よい脂肪分を摂るという方法で、ストレスも溜まりにくいから続くと評判なのだ。私の友人もこの方法で10ポンド(約4.5kg)落とした。また、アメリカではFat free (脂肪分ゼロ)やSugar free(砂糖不使用)フードが進んでいて、食事のカロリーを抑えたいための商品は豊富。健康を気にしてか、これらの食品を利用してやせようとしている太めの友人も多い。ジムで筋トレに励む人達は、洋服をかっこよく楽しく着こなしたいという明確なモチベーションを持っているようだ。

結局は目的意識を持つことに尽きるのだろうが、ほとんどの人達は肥満による病気への不安が理由でダイエットに取り組んでいる。

また、アメリカは「サプリメント大国」とも言われているくらい、サプリメントが一般的に広く利用されています。あるデータでは米国成人の60%以上が何らかの形で日常的にサプリメントを利用していると言われており、2000年の売上はなんと167億3,000万ドル(約2兆円)にものぼるそうです。この傾向が続き皆が健康を手に入れることを願うばかりだ。

メタボリックシンドロームを予防しよう|厚生労働省

Valuable information

飲食店コンサルティングのおすすめランキング

Last update:2017/6/12

TOP

 
 

Copyright エンジョイダイエット All Rights Reserved